Sublime Text 3 の参考書(実践編)Wiki

to achieve your goal ! 〜目的別の設定を解説〜

ユーザ用ツール

サイト用ツール


コンテンツメニュー

コンテンツメニュー

Sublime Text とは

how-to:subl-command

Mac OSX でターミナルから subl コマンドで Sublime Text を起動する方法

:img:subl-on-mac.jpg

Linux では、ターミナルからsublと入力すると Sublime Text が起動します。

Mac でも、ターミナルからsublコマンドを使えるように設定します。

設定方法

subl へのシンボリックリンクの作成

subl へのシンボリックリンクを作成することで、Mac のターミナルから subl コマンドを使えるようになります。

公式サイトによると、ターミナルに以下を入力し、実行すればOK都のことです。

sudo ln -s "/Applications/Sublime Text.app/Contents/SharedSupport/bin/subl" /bin/subl

シンボリックリンクを作成するパスは、以下でもOKです。

sudo ln -s "/Applications/Sublime Text.app/Contents/SharedSupport/bin/subl" /usr/bin/subl

subl コマンドの確認

ターミナルからsubl -hを実行し、sublコマンドのヘルプが表示されるか確認しましょう。

以下のように表示されればOKです。

subl -h
Sublime Text build 3065

Usage: subl [arguments] [files]         edit the given files
   or: subl [arguments] [directories]   open the given directories
   or: subl [arguments] -               edit stdin

Arguments:
  --project <project>: Load the given project
  --command <command>: Run the given command
  -n or --new-window:  Open a new window
  -a or --add:         Add folders to the current window
  -w or --wait:        Wait for the files to be closed before returning
  -b or --background:  Don't activate the application
  -s or --stay:        Keep the application activated after closing the file
  -h or --help:        Show help (this message) and exit
  -v or --version:     Show version and exit

--wait is implied if reading from stdin. Use --stay to not switch back
to the terminal when a file is closed (only relevant if waiting for a file).

Filenames may be given a :line or :line:column suffix to open at a specific
location.

subl コマンドの使い方

ヘルプに表示されている通り、基本の使い方は以下のとおりです。

[ ]で囲まれた部分は任意ですので、入力しなくても Sublime Text は起動します。

コマンド 説明
subl [arguments] [files] edit the given files
subl [arguments] [directories] open the given directories
subl [arguments] edit stdin

ターミナルでsublを実行し、Sublime Text を呼び出してみましょう。

ターミナルで Subl コマンドを実行するパターン

ターミナルからsublコマンドを使うのは以下のパターンぐらいではないでしょうか。

管理者権限で .bashrc などの設定ファイルを Sublime Text で開く

sudo subl ~/.bashrc

ターミナルが開くエディタを Sublime Text にする方法

公式の原文は以下のとおりです。

To use Sublime Text as the editor for many commands that prompt for input, set your EDITOR environment variable:

ターミナルから git commit などを実行した際に開くエディタを Sublime Text にすることができます。

以下を実行し、.bash_profileを開きます。

sudo subl ~/.bash_profile

行末に以下を追記し、保存します。

export EDITOR='subl -w'

参考

以下を参考にさせていただきました。
ありがとうございます!

how-to/subl-command.txt · 最終更新: 2015/03/05 23:14 (外部編集)

Copyright(c) Sublime Text 3 の参考書(実践編) 2015 All Rights Reserved.