Page-level ads

macOS High Sierra osx10.13 リカバリUSBインストールメディア作成方法 – つまさぽ(妻のサポート)

技術

macOS High Sierra osx10.13 リカバリUSBインストールメディア作成方法

投稿日:2017年10月4日 更新日:

ws-pc-top

MacOS High Sierra のリカバリUSB作成方法を残しておきます。

ws-pc-more

macOS High Sierra リカバリUSB 作成方法

1. App Store から macOS High Sierra をダウンロードする

App Store から macOS High Sierra をダウンロードします。

すでにダウンロード済みの場合は、「アプリケーション」フォルダに「macOS High Sierraインストール.app」があると思います。

2. macOS High Sierraインストール.app を実行

macOS High Sierraインストール.app を実行し、マウントします。

App Store から macOS High Sierra の「開く」をクリックするか、Spotlight 検索 を呼び出し、「macOS High Sierra」と入力して実行します。

3. USBメモリを接続する

Mac に USBメモリを接続します。

公式では12GB以上のUSBメモリが推奨されています。

空き容量が 12 GB 以上ある USB フラッシュドライブまたはほかのリムーバブルメディアを使用してください。

macOS の起動可能なインストーラを作成する

4. ターミナルを起動する

Spotlight 検索 を呼び出し、「terminal」と入力して実行します。

5. USBメモリのパスを確認する

下記のコマンドを実行します。

今回は下記のように表示されました。

USBメモリのパスは「/Volumes/16gb-usb」だとわかりました。

以後、USBメモリのデバイス名は「16gb-usb」として記載します。

5. createinstallmedia コマンドでリカバリUSBを作成する

ターミナルで以下のように入力し「Enter」を押します。

パスワードの入力が求められるので、パスワードを入力します。

このように表示されるので、「Y」を入力して「Enter」を押します。

しばらく待ちます。

このように表示されれば成功です。

参考

公式サイトにも丁寧に説明されています。

macOS の起動可能なインストーラを作成する

ws-pc-btm

ws-pc-btm-right

-技術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サブディレクトリ形式

WordPressの複数ブログでサブドメイン形式からサブディレクトリ形式に切り替える方法

マルチサイト機能を使って2個めのブログを設置したら、サブドメイン形式になっていました。 あとから気づいてサブディレクトリ形式にしようとしたのですが、サイトネットワーク管理者の設定のどこを探してもそれら …

Pythonライブラリのライセンス情報を一括出力する方法

仕事で使っているOSSのライセンスに問題がないか確認する必要がありました。 Pythonライブラリもその対象だったのですが、数が多くて「pip list」からの「pip show [package名] …

VirtualBox でも Paralells Desktop の共有プロファイル設定と同様にユーザーフォルダをホストOSと共有する方法

Parallels Desktop から VirtualBox へ移行しました。 VirtualBox でも Paralells Desktop の共有プロファイル設定と同様にデスクトップやマイドキュ …

ヤフオクAPIのための親カテゴリIDの調べ方

ヤフオクAPIを使ってみました。 リクエストパラメータにカテゴリIDを指定する項目があるのですが、カテゴリID検索だと「オークション > コンピュータ > パソコン > Mac &g …

便利すぎる QuickRes v4.2 のショートカット

Macbook Air の解像度を限度以上に設定できる便利アプリQuickRes! その解像度を切り替えるショートカットをすぐに忘れるので、備忘録として残しておきます。 ちなみに、QuickRes に …

ws-pc-side-top

ws-pc-side-btm


アフィリエイトのアクセストレード