Page-level ads

macOS High Sierra osx10.13 リカバリUSBインストールメディア作成方法 – つまさぽ(妻のサポート)

技術

macOS High Sierra osx10.13 リカバリUSBインストールメディア作成方法

投稿日:2017年10月4日 更新日:

ws-pc-top

MacOS High Sierra のリカバリUSB作成方法を残しておきます。

ws-pc-more

macOS High Sierra リカバリUSB 作成方法

1. App Store から macOS High Sierra をダウンロードする

App Store から macOS High Sierra をダウンロードします。

すでにダウンロード済みの場合は、「アプリケーション」フォルダに「macOS High Sierraインストール.app」があると思います。

2. macOS High Sierraインストール.app を実行

macOS High Sierraインストール.app を実行し、マウントします。

App Store から macOS High Sierra の「開く」をクリックするか、Spotlight 検索 を呼び出し、「macOS High Sierra」と入力して実行します。

3. USBメモリを接続する

Mac に USBメモリを接続します。

公式では12GB以上のUSBメモリが推奨されています。

空き容量が 12 GB 以上ある USB フラッシュドライブまたはほかのリムーバブルメディアを使用してください。

macOS の起動可能なインストーラを作成する

4. ターミナルを起動する

Spotlight 検索 を呼び出し、「terminal」と入力して実行します。

5. USBメモリのパスを確認する

下記のコマンドを実行します。

今回は下記のように表示されました。

USBメモリのパスは「/Volumes/16gb-usb」だとわかりました。

以後、USBメモリのデバイス名は「16gb-usb」として記載します。

5. createinstallmedia コマンドでリカバリUSBを作成する

ターミナルで以下のように入力し「Enter」を押します。

パスワードの入力が求められるので、パスワードを入力します。

このように表示されるので、「Y」を入力して「Enter」を押します。

しばらく待ちます。

このように表示されれば成功です。

参考

公式サイトにも丁寧に説明されています。

macOS の起動可能なインストーラを作成する

ws-pc-btm

ws-pc-btm-right

-技術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

うわっ…私のストレージ、使いすぎ…?MacBook Airでそう思ったら…

はじめに MacにVirtualBoxをインストールして、その上でUbuntuとか動かして遊ぼうと思ったら、ストレージの空き容量に不安を覚えました。。。 このままではやばいと思い、急遽64GBのSDカ …

macOS sierra osx10.12 リカバリUSBインストールメディア作成方法

とても覚えていられないので、MacOS のリカバリUSB作成方法を残しておきます。

macOS Sierraでkivyをインストールする方法とpip install kivyでエラー発生時の対処法

macOS Sierraでpip install kivyするとエラーが発生したので、その対処法を残しておきます。 そういえば、High Sierraにアップグレードしていないなあ。。。

VirtualBox on Mac での Guest Additions インストール手順(ゲストOS:Win10)

Parallels Desktop から VirtualBox へ移行した際、Guest Addtions をインストールしたので、その手順を残しておきます。 有料の Paralells Deskto …

Elasticsearch5.x で elasticsearch-head が cluster health: not connected となるときの対処法

Elasticsearch5.1.1 で elasticsearch-head を使おうとしたのですが、うまく動作しなかったので、その対処法を残しておきます。

ws-pc-side-top

ws-pc-side-btm


アフィリエイトのアクセストレード