Sublime Text 3 の参考書(実践編)Wiki

to achieve your goal ! 〜目的別の設定を解説〜

ユーザ用ツール

サイト用ツール


how-to:mozc-input

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
how-to:mozc-input [2015/03/01 08:58]
seitaro
how-to:mozc-input [2015/03/05 23:49]
seitaro
ライン 335: ライン 335:
 <sxh; title: Default (OSX).sublime-keymap>​ <sxh; title: Default (OSX).sublime-keymap>​
 [ [
- // Hankaku ​Space+ // Zenkaku ​Space
  {"​keys":​["​ "],  {"​keys":​["​ "],
  "​command":"​insert",​  "​command":"​insert",​
ライン 347: ライン 347:
  "​context":​ [{"​key":"​mozc_input_mode"​}]},​  "​context":​ [{"​key":"​mozc_input_mode"​}]},​
  
- // Zenkaku ​Space+ // Hankaku ​Space
  {"​keys":​["​shift+space"​],​  {"​keys":​["​shift+space"​],​
  "​command":"​insert",​  "​command":"​insert",​
  "​args":​{"​characters":"​ "},  "​args":​{"​characters":"​ "},
  "​context":​[{"​key":"​mozc_mode"​}]},​  "​context":​[{"​key":"​mozc_mode"​}]},​
 +
 + // shift を押しながら半角英数字入力中にshift+spaceを押した時に文字が消える現象を回避し、半角スペースが入力されるようにするため
 + {"​keys":​["​shift+space"​],​
 + "​command":​ "​mozc_send_key",​
 + "​args":​{"​key":​ "​space"​},​
 + "​context":​ [{"​key":"​mozc_input_mode"​}]},​
 ] ]
 </​sxh>​ </​sxh>​
ライン 359: ライン 365:
 原因は2つ考えられます。 原因は2つ考えられます。
  
-=== 日本語入力中にうっかり[shift+enter]を押した場合 === +  * 日本語入力中にうっかり[shift+enter]を押したから 
-=== 日本語入力中にうっかり[ctrl+enter]を押した場合 ===+  ​* ​日本語入力中にうっかり[ctrl+enter]を押したから
  
 それぞれ、以下のキーバインディングズを設定することで回避することができます。 それぞれ、以下のキーバインディングズを設定することで回避することができます。
ライン 375: ライン 381:
  "​context":​ [{"​key":​ "​mozc_input_mode"​}]},​  "​context":​ [{"​key":​ "​mozc_input_mode"​}]},​
 </​sxh>​ </​sxh>​
 +
 +==== 自分だけのキーバインディングズに設定するために ====
 +
 +SublimeMozcInput のデフォルトキーバインディングズは、
 +[[https://​github.com/​yasuyuky/​SublimeMozcInput/​blob/​master/​Default.sublime-keymap|Default.sublime-keymap]]
 +に記載されています。
 +
 +この設定をカスタマイズして、''​Preferences:​ Key Bindings - User''​に追記することで、かなり細かくキーバインディングズを設定することができます。
  
  
how-to/mozc-input.txt · 最終更新: 2015/03/05 23:49 by seitaro

Copyright(c) Sublime Text 3 の参考書(実践編) 2015 All Rights Reserved.