Page-level ads

Macbook Air の 外付けUSBメモリで vagrant up したら VBoxManage で error – つまさぽ(妻のサポート)

技術

Macbook Air の 外付けUSBメモリで vagrant up したら VBoxManage で error

投稿日:2015年4月3日 更新日:

ws-pc-top

vagrant-up-error-01

 

ws-pc-more

外付けUSBメモリで vagrant up したけどエラーが発生する。

エラー内容は下記です。

問題箇所は、7行目と15行目を見るとわかります。 「Could not create the directory」とあるので、Virtual Box に存在していないディレクトリパスを指定していることが原因でした。

原因は?Virtual Box の[デフォルトの仮想マシンフォルダー]のパスが間違っていた

vagrant-up-error-02以前、64GBのSDカード上でVM環境を構築していたことがあり、その時のパス(/Volumes/sd64gb/vm)のままだったので、VM用のフォルダが作成できなかったことが原因でした。 今回、新たにVM環境を構築するUSBメモリのパス(/Volumes/ts64gb/vm)に変更すると、無事 vagrant up することができました。

経緯

仮想環境(VM環境)を構築するには、Macbook Air の容量では不安があります。 そこで、VM環境を外付けメモリ上で構築することにしました。

1代目 sd64gbさん(上海問屋オリジナル DNF-SDX64C10)

採用したのはこれ。

by カエレバ

 

64gbが2,999円(記事作成当時)とは安すぎる! Macbook Air に挿しっぱなしでもじゃまにならない! というわけで使用していました。 が、、、しかし。 鞄にいれたままサイドをどこかにぶつけてしまったのか、はみ出ている部分が折れて使えなくなってしまいました。 SDカードを挿しっぱなしで持ち運ぶ時は注意しましょう。。。

2代目 ts64gbさん(Transcend 64GB USBメモリ TS64GJF710S)

2代目に選んだ外付けメモリがこちら。

 

ちょっとやそっとの衝撃では壊れる気配がありません!

Macbook Air に挿したままでも安心して鞄に入れることができます! 3,980円(記事作成当時)と4000円を切るなら買い!っと思って購入しました。 買って良かったです!

ws-pc-btm

ws-pc-btm-right

-技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

macOS Sierraでkivyをインストールする方法とpip install kivyでエラー発生時の対処法

macOS Sierraでpip install kivyするとエラーが発生したので、その対処法を残しておきます。 そういえば、High Sierraにアップグレードしていないなあ。。。

ヤフオクAPIのための親カテゴリIDの調べ方

ヤフオクAPIを使ってみました。 リクエストパラメータにカテゴリIDを指定する項目があるのですが、カテゴリID検索だと「オークション > コンピュータ > パソコン > Mac &g …

便利すぎる QuickRes v4.2 のショートカット

Macbook Air の解像度を限度以上に設定できる便利アプリQuickRes! その解像度を切り替えるショートカットをすぐに忘れるので、備忘録として残しておきます。 ちなみに、QuickRes に …

Elasticsearch5.x で elasticsearch-head が cluster health: not connected となるときの対処法

Elasticsearch5.1.1 で elasticsearch-head を使おうとしたのですが、うまく動作しなかったので、その対処法を残しておきます。

git push すると自動でデプロイしソース管理リポジトリに git push mirror する環境を構築した。

git push すると本番環境に自動デプロイする環境を構築しました。 ローカルの本番環境へgit pushするとソース管理サーバーへgit push –mirrorする環境がうまく作れた …

ws-pc-side-top

ws-pc-side-btm